エントリー

伊那谷再訪

 先日はまるで梅雨のような雨続きにやられ、空振りの取材となってしまいましたが、台風も一過、ようやく晴れの予報が続きましたので再び伊那谷を訪れました。仕事? 仕事・・・・ってなんだっけ。
 7日の夕方に大阪を出発、豊橋で一泊して8日朝6:00の飯田線に乗車、天竜峡・飯田で乗り換え、10時過ぎには伊那大島に到着です。18きっぷシーズンの上諏訪・豊橋直通519M列車は混み合いますから、自転車を輪行しての乗車は気を遣います。スケジュールが許すなら、今回のように他の乗り継ぎ列車にするのが良いでしょう。

▼秋ですね
ファイル 69-1.jpg  しばらく涼しい日が続いたからでしょうか、稲穂は黄金色に実り、ススキが丈を伸ばし、秋桜は花を咲かせ、あちらもこちらもすっかり秋めいてきました。風情があって良いものですが、テクスチャ材料としては画像を修正しないと季節感が狂ってしまうので面倒です。
 初日の取材は伊那大島~上片桐~伊那田島の3駅間と、飛んで小町屋、駒ヶ根あたりを自転車で廻ってみっちりと。特に伊那大島・上片桐は比較的駅周辺が栄えているため建物も多く、鉄道林で隠れている区間以外は、ほとんど歩いて取材をするのと変わりません。

▼赤蕎麦
ファイル 69-2.jpg  上片桐~伊那田島間では伊那谷の名産「高嶺ルビー」と呼ばれる“赤蕎麦”が花を付けておりました。まだ七分咲きといったところですが、一面の赤い絨毯はなかなかの見物。
 花だけではなく実も赤く、作った蕎麦も少し赤味を帯びていて香りが高いとのこと。一度食べてみたいのですが、普通の蕎麦に比べると面積あたりの収穫量が1/3程度ということもあり、新蕎麦の季節でないと食すことができません。だいたい9月下旬から10月上旬でしょうか、いずれは機会を作りたいですね。

▼みや川
ファイル 69-3.jpg  晩飯は何度も登場しています伊那市の「みや川」にて。地のモノでも何でもない「ハンバーグ定食」ですが、昼食を抜いた上、1日中自転車に乗っていたので空腹に耐えかねて、つい・・・。
 写真ではわかりませんが、ハンバーグは長さ15センチ、厚みが3~4センチくらいの巨大なもの。ご飯を小にしましたが(通常だとドンブリに山盛り)それでも終盤はフードファイト状態に。
 これでお値段580円→ご飯小で50円引きの530円です。とにかく安くで腹一杯になりたい時はココですね。
 宿泊は南箕輪、木ノ下~北殿間の漫喫に連泊です。

▼温泉
ファイル 69-4.jpg  9日は駒ヶ根~沢渡間を線路沿いに取材。朝夕は日光の黄味と影が強すぎて良い写真が撮れないため、実質的に活動できるのは10~15時くらいに限られてしまいます。曇天なら早朝~日没まで、それなりに使える写真が撮れるのですが、まぁあまり贅沢を言って雨に降られては困りますので、我慢しましょう。
 なんとか満足のいく写真素材を撮り集め、早めに活動を切り上げて伊那市の「みはらしの湯」でマッタリしてきました。伊那市の中心部から約7kmとお手軽な距離ですが、中央アルプスの裾野、標高900m(伊那市駅からの標高差は約260m)の高台にありますので、ずっと上り坂です。体力・脚力が十分ではありませんのでかなりキツイ行程ですが、汗だく→温泉の爽快感はたまりません。
 露天風呂や休憩室からは伊那谷と南アルプスが一望でき、黄昏時から夜景への移ろいを風呂からボ~ッと眺めるのは、なんとも贅沢な時間の使い方ですね。

▼サイクリング
ファイル 69-5.jpg  10日は18きっぷの最終日。この日のうちに帰阪しないといけませんが、七久保で撮りたいものがあったので、朝から自転車で南下。伊那市街の一部を除いて国道153号の路側帯が狭く、しかも大型車がやたら多いのは前の2日間でよくわかりましたので、天竜川左岸の県道18号を走行。比較的直線・平坦な右岸の国道153号とは打って変わっての田舎道で、伊那・駒ヶ根市境の「火山峠(ひやまとうげ)」をはじめ、常にアップダウンの繰り返しになります。
 国道より時間はかかりますが交通量が少なく安全で、なにより左に南アルプス、右に天竜川と中央アルプス、周囲には森や田圃と最高のロケーション。観光で伊那谷を訪れる方は、是非とも国道ではなくこちらを満喫して欲しいですね。ただし松川町内には離合不能な区間が多数ありますので、自動車の場合、運転に自信のない方は要注意です。
 同ルートは自転車の練習コースになっているのか、短い間に5人のロード乗りとすれ違いました。お互いメットを下げてご挨拶。中には交流を嫌う方もいらっしゃるでしょうが、同じ趣味の方とすれ違うと、上り坂の途中でも「もうちょっと頑張ろう」という気になります。
 飯島町に入って天竜川右岸へ移り七久保駅へ。駅周辺で数カット撮影して自転車での取材は完了です。この3日間で合計160kmほど走りましたが、乗って降りて撮っての繰り返しの割には、よく走れた方です。
 午前のうちに上諏訪発の豊橋直行に乗車、快適な313系ですから、そのまま乗っていても良かったのですが、中部天竜の旧貨物ホーム上屋を撮っておきたかったので下車し、1本遅らせて119系でガタゴト豊橋へ。あとは新快速乗り継ぎで、米原で乗り換えるだけの楽チンなタイミングでした。

 紆余曲折ありましたが、なんとか冬の間も作業の手を止めないで済むくらいの素材が集まりました。路線データはこの調子で進めるとして、車両さえ何とかなればという条件付きですが、来年中の部分公開も可能ではないかと思います(もちろん確約ではありませんよ、念のため)。
 タイミング的に119系引退で飯田線が賑わってくる頃でしょうが、逆に言えば車両の音素材などは、今冬中に収録しておかなければなりませんね。リニアPCMのICレコーダも随分と安くなりましたし、頑張って買っちゃいましょうか。自転車での取材で重いデジ一眼を持ち歩くのはキツイので、マシなコンデジも欲しいし、なんだかんだで出費が続きそうです。

ページ移動

コメント

813kei

おこんにちは、取材ご苦労様です。
こちらは逆にデジ一眼が欲しいです。
でもお金がないという。(´Д`)
なのでずっとコンデジばっかりです。
今はオリンパスのsz-30mrを使ってます・・。
フィルム一眼は手動焦点でキツいですし・・
早く社会人になってお金稼ぎたいものです。( ´∀`)

  • 2011/09/15 13:03:00

BVE飯田保線区

@カメラ
最近の一眼は二回りほどコンパクトな奴がラインナップされていますが、ウチのは数年前の標準サイズですから、本体+レンズ2本で自転車に乗ると、さすがに腰に来ます。あと小移動の度にバッグに仕舞うのも面倒&時間が勿体ないですね。ポケットから出してボタン押すだけってのは、時間の限られる取材ではメリット大です。

この分野の進歩はもの凄いスピードですので、型落ちの一眼より、ソコソコの新型コンデジの方が綺麗に撮れるんじゃ?というのもありまして・・・。テクスチャ材料に限って言えば、マニュアル操作の必要な撮り方なんてほとんどしませんしね。

@社会人
確かに使えるお金は増えると思いますが、逆に「時間=コスト」の概念が生まれて、新たな縛りになったりします。

私の学生時代にはBVEなんてありませんでしたし、自分用のPCを持っている人も多くはありませんでした。今では学生さん、しかも中高生の方でもデータの製作をされている方がいらして驚かされます。

まぁBVEが無かった分、その当時やっていた別のアレコレも、今の製作に活かせている部分もありますので、その時その時に出来る事を精一杯やれば良いかなぁ~とは思っておりますが。

  • URL
  • 2011/09/16 17:57:00

レイ

提案です。
足りない部分のテクスチャはアップローダを借りて
アップロードしてもらうとかどうでしょうね。

結構集まりやすかったりするんじゃないでしょうか。
配布形態に関してですが、もしソフトウェア関係でしたら、ベースソフトウェア(BVE)がフリーソフトであれば
基本的にシェアウェアは無理ですね。

ニコ動で金払いたいっていう人がいるようですが、
そういう人って本当に払うんでしょうかねw

ちなみに当方社会人であれば少しくらいはカンパしたいですw

  • 2011/09/30 16:15:00

BVE飯田保線区

>レイさん

 ご提案有り難うございます。まずテクスチャの件ですが、写真撮影の段階から製作作業は始まっている様なものですので、どなたかの手をお借りする予定は今のところありません(ストラクチャの組み立て方を考えながら、撮影する角度等を決めています)。
 また失礼な話ではありますが、投稿していただいた写真が品質的な問題で使えなかった場合、お断りするのも心苦しいですから、作品に直接関わる部分については、出来るだけ自分の中で完結させたいところです。

 もうひとつ、「自分の満足できる物を自分の手で作る」ことが目標なのであって、「完成させる」「配布する」というのはその副産物でしか無い、というのもあります。

配布形態の件は、非常に扱いの難しい話題です。

 少なくとも暫定配布分は、遊べる区間が短いのと、ファイル容量圧縮のため、テクスチャ解像度を下げるといった制約があるものの、フリーで配布すると決めています。とはいえ資料・取材費や製作時間もバカになりませんので、カンパの受付は同時にさせていただくと思いますが、原則フリーでの配布をお約束します。

 問題は更に数年後になるでしょうが、完成版の方。これまでも「商業作品に決して劣らない物」を目指して製作していますが、既存作品と比較して、手前味噌ながらある程度達成できているのではないかと思います。
 それ自体は良い事なのですが、逆に言えばフリーソフトを前提とするには少々やりすぎ・・・ということです。社会人の方ならお分かり頂けると思いますが、商業として成り立つ物を無償提供するという事は、迷惑行為でしかありません。やはり何らかの形で有償化するのが望ましいのではないか?と、個人的には考えています。

 そもそも、最終版はデータ容量からしてCD-ROM配布か、しっかりしたサーバーを借りるかする必要が出てきますので、私個人の趣味でそこまでの提供はできません。

>ベースソフトウェア(BVE)がフリーソフトであれば~

 実際にはフリーウェアの有料プラグインというのも結構ありますから、ソフト業界の慣例で言えば特に問題は無いと思いますが、結局はmackoyさんの判断次第ですので、今の私からは何とも言えません。

 ただ、「データは無償で配布されて当然」という風潮(少なくとも、度々届く公開催促メールの文章からはそう読み取れる物が少なくありません)が蔓延するのは良くない事と思いますし、結果品質面でも頭打ちになりかねません。揚げ句「無料データなんだから著作権もクソもない」なんて意見まで出てくる始末です。

 逆に、例えば法人を投入するなどの過度な商業化は「ちょっと違うんじゃない?」とも思いますし(どのみち採算取れないでしょうけど)、安易な有料化によって、価格と品質が釣り合わないと言ったトラブルも予想されます(自分で決めた値段分の満足感をユーザーに提供するのは、物凄くハードルが高いのですよ)。

 いずれにせよ、BVEも線路とホームだけで完結していた時代とは違って来ていますから、商業作品との相対的な立ち位置も考慮しつつ、ガイドラインを作る必要があるのではないかと思います。
 どうせ正式版公開まで5年以上はかかるでしょうから、その間にmackoyさんやこれまでの流れを作ってこられた方々とも十分な意見交換をして、落ち着くところに落ち着かせたいところです。

>そういう人って本当に払うんでしょうかねw

 それだけの価値があると言って下さるなら有り難い事ですし、でなければ押し売りするような物でもありません。

 エントリーユーザーを切り捨てるわけではないのですが、少なくとも「タダで遊べる電車でGOだからやってる」といった認識の方にまで、無理して遊んで“いただく”ことも無いでしょう。

 長文失礼しましたが、いつかは書かねば・・・と思っていましたので、これを機に。まだ漠然と考えている事ですから決定事項ではありませんし、私の個人的な考えですから、他の作者さんを含めた総意ではありません。

  • URL
  • 2011/09/30 22:29:00

レイ

さまざま部分了解しました。
配布形態ですが、Vectorのほうでの公開も可能みたいですね。
いろいろ調べた見た結果、CD-ROM1枚程度のサイズまでならOKと書いてありました。

URL欄にアップロードするにあたっての注意事項を書き込んでおきました。

ここまでの制作お疲れ様でした。
今後ますますのご発展をかげながら応援させていただきます。

  • URL
  • 2011/10/01 00:12:00

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

画像付記事一覧

検索

エントリー検索フォーム
キーワード