エントリー

カテゴリー「その他」の記事は以下のとおりです。

BVE5 阪急京都線公開

  • 2018/02/10 20:00
  • カテゴリー:その他

20180210161623.jpg 10月に開催した福寿舎でのイベント「電車運転マルシェ」で使用させていただきました当方改造のBVE5阪急京都線ですが、イベント時から更に拡張して区間を河原町~高槻市とし、置き換えストラクチャも増量して公開することになりました。

 原作のL53さん、改修のすずはるさん他、阪急系作者の皆様あっての改造版ですのでどういう配布方法がふさわしいか悩みましたが、あくまで一連の作品から派生したものということで、すずはるさん改修パックに同梱していただくことにしました。

20180210160417.jpg 今回の改造にあたってはイベントに間に合わせる必要があるため制作当初から納期を設定、またフリーソフトとして常識的なクオリティの閾値がどのあたりにあるのか探り、妥協の仕方、手の抜き方も並行して研究することを目標としました。趣味としてトコトン再現したいという飯田線とは真逆の発想で、どちらかというと「商品開発」に近い考え方で作っています。ですので中には処理の雑いところ、「ここは置き換えないの?」といったところもあると思いますが、そこは「そういうもの」と思って諦めて下さい。

 線路周りを中心にストラクチャを置き換えしましたが、これはPC環境が原作時代から大きく進化して高解像度テクスチャが使えるようになったこと、繰り返し感を軽減したほうが移動している感覚=速度感が掴みやすいことから、線路に近いところほど大きく手を入れています。

20180210160429.jpg 沿線の風景についてはほぼそのまま、ただし線路周辺と風景の繋ぎ目に関しては自然な流れになるよう、ある程度置き換えて調整しています。結果としてプレイヤーの目は比較的解像度の高い線路周り、つまり画面中心部に集中することから沿線風景は緻密に作り込まなくても気にならない、という結果になりました。グリーンマットでは物足りないけど、みっちり作り込むのはハードルが高い…という作者の方は参考にしていただけるかと思います。

20180210160438.jpg 地下やトンネルの表現についてはBVE本体の仕様上、制約の多い中で多くの作者様方が各々の解釈・技法で制作してこられましたが、私も自分の技術でどの程度のものが作れるのか興味のある分野でしたので、非常に新鮮かつ楽しく作業できました。

 古い時代のトンネルが続く京都方ですが、経年で積もった汚れやシミをおどろおどろしく?表現できるかが腕の見せ所。独特の退廃感をお楽しみいただければと思います。

20180210160450.jpg 駅周辺は手を付ける予定が無かったのですが、地下駅については線路周り~トンネルと一体化して「近景」の認識内でしたのでざっくりと改修しました。また高槻市駅については目の肥えた地元民がイベントに集まりますから、作者としても地元民なりの作り込みを施しておきました。すべての駅をこれくらい作り込めたら良いのですが、それはそれで時間がかかりますから今後の課題としましょう。

 線形はほとんど触らず、分岐器の置き換えにともなって調整が必要な箇所しか動かしていません。またストラクチャの構成もほぼそのままで、曲線部以外は原作の25m刻み準拠を出来るだけ崩すことなく処理しています。各ストラクチャはそのまま阪急各線に使いまわせるものが多くありますから、ユーザーご自身で高槻市以西を延伸するなり、神宝線など他の路線を改修するなども可能でしょう。

 制作開始から一応の完成まで持てる時間を全力投入してちょうど2ヶ月、そこからバグフィクスや追加要望の入れ込みで更に2ヶ月ほどを要しましたが、気分がノリに乗っていたので普段の1年分くらいの作業量はこなせたと思います。

 飯田保線区としてはあくまで副業?はいったんお休みにして飯田線他の制作に戻る予定ですが、いずれは梅田まで延伸したいな~と思っています。とはいえ、淡路駅周辺の立体化工事を工事前、現在の工事中、工事完了まで待つ…など、どう処理するべきかも決め兼ねていますし、長~い先の話になると思っていて下さい。

 

  なお、当データの推奨プレイ環境ですが、フルHD〜4Kの高解像度モニタを使用、別付けグラフィックスカードのドライバ設定でアンチエイリアス/テクスチャフィルタ等の高画質化オプションが正しく設定されていることを前提として設計しています。それ以外のオンボードグラフィック等でも動きはしますが、綺麗な描画は得られませんのでご了承ください。

 またPC本体についてはすずはるさん改修版の阪急各線が快適に動作する環境でしたら、同程度に動作するよう調整しています。ミドルスペック以上を対象としたスピンオフ作品ということで、こちらでロースペック環境への対応は行いません。ご自身でデータを改修されるなり、PCを買い換えるなりで対処していただくようお願いします。

 

データのダウンロードはすずはるさんのブログへ。楽しいひとときを与えて下さった阪急系作者の皆様にあらためて感謝!

謹賀新年

ファイル 44-1.jpg  12月はバタバタと忙しく、気が付けば全く更新できないまま年が明けてしまいました。思うように捗りませんが、今年もよろしくお願い致します。

 去年一年を振り返ってみると、既存区間の再リニューアルにより、ほぼ満足できるクオリティに達したのは大きな成果ですが、新規区間の延伸についていは思うように捗らず、今年に持ち越しとなってしまいました。
 今年は伊那大島~駒ヶ根の風景をある程度見られるレベルまで充実させ、「とりあえず運転を楽しめる」ところまで持って行きたいと思います。

 BVE5の進展状況については、私は端から眺めているしかできませんが、少しずつ、しかし着実に機能が充実してきまして、少なくとも“自然消滅”してしまうのでは?という不安は感じずに済むようになりました。お陰様で、こちらも後顧の憂い無く対応路線の製作に注力することができます。
 1駅間につき3ヶ月。これくらいを目標にボチボチと進めていきたいところです。

↓こうして見ると・・・まだまだですねぇ。
44-2.png

ブログ化しました

 書き始めた当初は頻繁に更新する気も無く、縦長の1ページに無理矢理収めてきましたが、だんだんボリュームが増えて見難くくなってきましたので、本日よりブログに移行することにしました。記事のカテゴリ分け、過去記事の検索もできますので、以前より見やすく、使いやすくなったのではないかと思います。

 元々ブログってあまり好きじゃなかったんですよね。広告だらけで見にくかったり、(疎い私にとっては)よく分からない機能がいっぱい付いていたり、閲覧者に評価を求めるボタンがあったり・・・、必要以上に横の繋がりを要求する雰囲気も苦手で、「面倒臭そうだなぁ」というのが正直なところでした。
 なので、折衷案としてフリーのcgiをカスタムして設置。おかげでスッキリ、機能も必要最低限しかありません。本当はコメント欄やトラックバックも要らないかな? とも思ったのですが、まぁしばらくは様子見で。データ製作の時間すら割かれるようでは本末転倒ですので、「管理しきれない」と思ったらカットしちゃいます。

 まったくの余談ですが、アナログ人間を標榜する身なので、最近のネット関連技術には付いていけませんね。ブログもそうですが、mixiとかtwitterとか? そもそも携帯電話すら持ってない私には、縁の無い世界の話です。
 画像編集なども含めて、私のデジタル技術は基本的に10年くらい前から進歩しておらず、WEBページに至ってはタグ手打ちでフレームとテーブルを組み合わせ、無理矢理レイアウトしていた時代の人間です。従来公開してきたページも、恥ずかしながらその延長にあったわけですが、当ブログより完全なcssレイアウトに移行できた“はず”で、コレに関しては良い機会だったと思います。
 しかし、BVEのように上位互換であったり、コンバーターがあったりすれば有り難いのですが、「廃止タグ」なんて話が出てくると、たまったもんじゃありませんね。いつまでぶら下がって行けることやら・・・。

 まだ体裁を決められていなので、現在オブジェクトのダウンロードは休止中です。折を見て復活させますので、しばしのお待ちを。
 また、実際に稼働してみないと発見できないトラブルや、ブラウズ環境の違いによる不具合、その他諸々の問題が発生する可能性もありますので、発見された方はコメント欄にでも書いていただけると、(私のできる範囲で)改善いたします。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

画像付記事一覧

検索

エントリー検索フォーム
キーワード