エントリー

伊那大島駅2

 取材写真を整理していたところ、使えそうな写真が数点出てきましたので、あり合わせの素材と絡めて伊那大島駅周辺のディテール作りを進めました。妙に気分がノッているタイミングなのか、夜を徹しての突貫工事・・・。というか、そろそろ二徹目に突入するかという時間帯でございます。

ファイル 42-1.jpg  天竜川の河岸段丘にへばりつくように配置された伊那大島駅。前方の崖は目測で10m以上あり、はじめて現地を訪れた時のインパクトはナカナカのものでした。場内を抜けるといきなり25‰の勾配に差し掛かり、等高線を横切って次の段丘上へ登って行きます。
 この路線データを作り始めて随分経ちますが、風景を作る際の明度・彩度・コントラストのバランス感覚が、以前と比べ随分と養われて来たかな・・・と思います。BVEでは影が生成されないため、コントラストや彩度を下げて違和感を軽減していたのですが、それでは初夏の強めの日差しを表現できません。
 テクスチャに陰影を描き込んでみたり、微妙な濃淡を付けたり、無意識のうちにアレコレして、出来る限り違和感のない初夏の鮮やかさを出せるようになった気がします。

ファイル 42-2.jpg  最初の1枚はBVE5、あとはOpenBVEのViewerにてキャプチャ。位置関係が重なっているため、ホーム上に歩道橋の入り口があるように見えますが、ホームの向こうの道路脇から段丘上に連絡する歩道橋です。これも伊那大島を特徴付ける印象的な構造物ですね。脚はディテールのわかる写真が無かったため、まだ作っていません。まぁタダの円柱だとは思いますが、再取材後に作り直す必要が出てくると面倒ですので、後日にしておきましょう。
 歩道橋の手すりというか防護柵について、またアンチ透過テクスチャの話になって申し訳ありませんが、鉄板製の柵が隙間無く重なり合って、奥が透けて見えない角度を選んでテクスチャ画像を撮影しましたので、透過は使っていません。
 特にこうした柵状の細かいオブジェクトを透過させると、画像が動く度に輪郭がギラギラザラザラとして見栄えがよろしくありません。また、遠景でフィルタリングがかかると、ディテールが消滅してしまう現象も発生します。柱を1本ずつ頂点打ちするのも非現実的ですから、できるだけ画像1枚を透過させずにベタッと貼ってしまえるよう工夫しましょう。
 中~遠景ですので、階段は一段ずつ再現せずテクスチャ1枚で済ませました。床面と側面の境目をテクスチャ上で工夫し、それなりに階段らしい表現になっています。

ファイル 42-3.jpg  駒ヶ根駅でもやりましたが、汎用性の無い周辺オブジェクトをひとまとめにして1つのストラクチャにしています。地形などは"dike"構文を使うのが一般的ですが、どうしても表現の幅が限られてしまうのと、自線がカーブしていると相対位置が混乱したり、地割れが発生したり、思うように作るのは難しくなります。路線データ上では、ストラクチャをポンと1つ配置するだけですので楽チンです。もちろん、樹木や線路脇の設備など汎用ストラクチャは、別途路線データ上でチマチマと配置していきます。
 左側の貨物ホームと崖の間には県道が走っていますが、運転台からは見えない位置ですので、路面は再現していません。駅舎前を通った道路は高度を下げつつ右にカーブを描き、飯田線の下をくぐって三州街道と交差します。

ファイル 42-4.jpg  前回、柵の説明を端折りすぎたような気がしましたので、念のため解説しておきます。
 柵や手すりを横長の板ストラクチャ1枚で作って配置すると、どうしてもノッペリ感というか、ペラペラ感が出てしまいます。特にホーム上など、自線から近い位置にあると顕著ですね。かといって、円柱形状を全て頂点打ちするとなれば、頂点数は膨大になり労力も半端ではありません。そこで両者の折衷案として、平板ではあるものの「わりと」立体的に見える柵のご提案。
 横方向に渡すポール類は、従来通り板を前後方向に通すだけですが、支柱は進行方向に対面するように、1本ずつ板を立ててやります。例では頂部の丸みを表現するため、支柱1本あたり6個の頂点を使っていますが、簡略化して4個でも平板1枚の柵よりは随分と立体的に見えるでしょう。
 作業量とPCへの負荷、見た目のバランスを天秤にかけ、このあたりが程良い妥協点ではないかと思います。

 さてさて、今手元にある素材で作れるところは全て作ってしまいましたので、今度こそ分岐器の製作に戻ることにします。

ページ移動

コメント

疾風快速(もと蒲郡)

お久しぶりです。伊那大島駅ですか・・地元の駅なのでいつも見られていますが(近く商店街に住んでいたりするww) 完成度が高くてすごいです。
(ひょっとすれば本物の伊那大島より(ry) 伊那大島駅も最近は、売店が閉鎖され、さびしくなっていますが。時々保線車両が留置されているなど変化が少しありました。昭和の話になりますが、祖父から話を聞いたところによると、伊那大島出てすぐのところにある踏切みたいな場所は、昭和39年まで踏切だったそうです。
これでコメントを書き終わります。

BVE飯田保線区

こんばんは。
なんと、大島がご地元でしたか。踏切の話、とても興味深く読ませていただきました。崖上に登る歩道橋の直下に線路をくぐる地下道がありましたが、その前身が現構内踏切というわけですね。

39年当時なら貨物側線も現役でしょうから、貨物ホームまでジグザグに前後進しながら進入する列車に塞がれて、開かずの踏切と化していたのでしょう。現在の列車密度なら・・・踏切のままでもいいんじゃない? なんて思ってしまいます。

なぜか不思議なことに、現在あの踏切の脇に予備の遮断竿を格納する筒が設置されています。あそこに遮断器は無いし、しかも昔の写真には無かった物です。いったい何に使っているのやら・・・???

現地を訪れてみると、駅の売店はもとより駅東側の道沿いも、営業していた店舗が廃屋になり、廃屋が空き地になり、なんとも寂しい限りですね。

逆に崖上の方は新しい住宅が増えて栄えているように感じますが、実態はどうなのでしょうか?

BVEデータ上に再現している崖上の大木島写真館は、数年前に別の場所へ移転されたようですが、建物は塗り替えただけでそのまま現存しています。変わったところ、変わらないところ、ひとつの駅前のたった十数年でも栄枯盛衰の物語がありますね。

  • URL
  • 2011/01/06 04:58:00

疾風快速

読まさせていただきました。踏切の話ですが39年に岡谷よりのあの留置線ができたことが町の本や、祖父の話から聞きましたそのころ踏切がなくなり地下道になったそうです。(留置線ができるまでは神社があったそうで)
遮断棒を入れるやつですか・・・自分でもそこまでは詳しくないので、わからないです・・・すみません。
崖上の家ですが、あれは崖がコンクリートに埋め立てられたころからあります。人もちゃんとみなさん住んでいまして、親戚の家もちょうどあります。(私が小さいころはその家の庭でよくEF58 122とかクモヤ145とか眺めていました)
大木島写真館は現在、伊那大島を岡谷寄りに行ったところにある、最初の大きいカーブの下のところにあります。)
商店街は祖父が商工会の役員を務めていたりするのでどうすればいいだろうか・・・話していたりします。祖父もまだ60代前半なので)
現在、飯田寄りの留置線は架線が撤去され、時々ですが保線車両が止まっています。この前なんか軌陸車がww
これで書き込みを終了します。

BVE飯田保線区

こんばんは。旅行に行ったりOS入れなおしたりで、久しぶりの書き込みになってしまいました。

39年の貨物駅設置と同時に地下道化とのこと。以外にも貨物ホームは新しかったのですね。それこそ戦前からあるものかと思っていました。39年といえば高度経済成長真っ盛り・・・なるほど。

今は亡き122号機。実はワタクシ一度も現物を見たことがありません。ゴハチといえば、私が子供の頃は大阪付近でも貨物や団臨を引いていたものですが、こちらもあまり記憶に残っていません。勿体無いことをしたものです。

機関車といえば、東海博物館から漏れたレールパークのED62も、詳細取材を敢行する前に解体されてしまい、それを知ってからの数日間は仕事をする気が起きませんでした。伊那谷の電気機関車とは縁が無いなぁ・・・。

大島の今後・・・、思えば伊那電敷設時の反対運動が大きな痛手になったのではないでしょうか。

織田氏制圧以前の大島城下町の古町(でしたっけ?)地区
→江戸時代は旧三州街道沿い、現在のIC入り口の宿場町
→伊那電が開通して旧街道から大きく外れた大島駅前
→鉄道から自動車の時代になり、駅前とほぼ一体化しているものの更に東寄りの現三州街道沿い
→近い将来、七久保からのバイパスが延伸開通すれば、またIC付近・・・(つまり、駅前は今以上に衰退する)

・・・と、そのとき栄えた交通機関に振り回されるように転々と繁栄を繰り返し、それらが徒歩圏外に散在しているのが苦しいなぁ・・・と思います。

 都市圏ならそれらを繋ぐように全体が繁栄するものですが、さすがに人口に対して受け皿が大きすぎで、繋がるところまでいきません。段丘地形のせいで、地図上の距離よりもアクセスが悪いのもあるでしょうか。

 IC付近の地域に集約して他を切り捨てるのが再生への近道のように思えますが、実際はゲーム「シムシティ」のように簡単にできることではありませんものねぇ。
(そもそも商工会や町議会でこんな発言をしたら袋叩き間違いなし・・・疾風快速さんの御爺様にも・・・あわわわ、オフレコで!)

  • 2011/01/18 01:47:00

疾風快速

追記という形で報告させていただきます。
あの遮断竿を格納する筒ですが・・・あれは、自分が撮影した写真を見たり、したところ(記憶も思い出しましたがww)あれは新しい架線柱です(2011年1月現在一部がその柱の架線中に置き換え)。大島の今後の書き込みの件ですがBVE飯田保線区さん・・・正解です
というのか、町議会もそのことについてはご察ししているようで、町長選が4月にある中で商店街のトップ(祖父の友達)が出馬するそうです。これからこの町がどうなるかが今年で決まるかもしれない・・
小町屋、駒ケ根付近・・・すごいですね、今の現状しか知らない私達が画像、記事を見るとその時の様子がすぐにわかる気がします。長々と文を書いて申し訳ありません。これで終わります。

  • 2011/01/22 08:46:00

Anthony

https://www.asics-gelnimbus.us/
数字のみのコメントは

Anthony

https://www.pandoracharmssales.us.com/
数字のみのコメントは

Rodolfo

https://www.superstarstrainers.org.uk/
数字のみのコメントは

Robert

https://www.pandoraoutlet-online.us.com/
数字のみのコメントは

Darleen

https://www.jordan4.us.org/
数字のみのコメントは

Maria

https://www.newnfljerseys.us.com/
数字のみのコメントは

Catalina

https://www.airmaxs-270.us.com/
数字のみのコメントは

Walker

https://www.nbabasketballjerseys.us.org/
数字のみのコメントは

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

画像付記事一覧

検索

エントリー検索フォーム
キーワード