エントリー

戸閉め知らせ灯

 皆様お久しぶりです。前回書きましたメーター用サブモニタに被せる筐体を作っておりますが、今回は戸閉め知らせ灯について解説しておきます。3月上旬の大阪オフ会でもそんな話題がチラッと聞こえてきましたが、他の方とのお話中でしたのでスルーしてしまいました。

ファイル 57-1.jpg  前回記事・動画中には無かった戸閉め灯ですが、ランプがあるはずの中央部はモニタがありませんので当然のこと。ですから画面上で描画するのではなく、実際にLEDを駆動させて再現します。
 まずはパネルデータ上で裏方役の戸閉め灯を設置、圧力計の角に置いた白い四角がソレです。ドア開で黒、閉で白としています。

ファイル 57-2.jpg  プラグインやマイコンを自在に操れる方は凄いなぁ・・・といつも感心させられるのですが、残念ながら私にはチンプンカンプンのお話。そこで登場するのは「エレキット」の“明るさセンサユニット”です。ハンダ付け不要の完成基盤で2,000円弱。コレは何かと言いますと、周囲の明るさに応じて回路をオン・オフさせるリレーで、よくある例では夜になったら自動で点灯するライトなどに使われるものです。
 明るくなったらオン/明るくなったらオフ、切り替えでどちらの用途にも使えますので、これを用いて画面上の輝点を読み取ろうというわけです。

ファイル 57-3.jpg  センサ(フォトレジスタ)は基盤に直付けされているため、ハンダを溶かして分離。画面上の戸閉め灯まで配線を引いて延長します。モニタと筐体の間には隙間や厚みを作りたくないので、モニタ上の配線は0.1mm厚の真鍮板を裏面絶縁して使用しました。
 メーター隅にセンサを配置したのは、最終的にメーターの風防を取り付けると、センサの厚みを隠すことが出来るからです。

ファイル 57-4.jpg  動画ではないため点灯・消灯のイメージをお見せできませんが、とりあえず点灯状態で撮影しておきました。光量が少し足らないので、リフレクタを付けた方が良さそうですね。100円ショップでペンライトでも探してきましょう。
 筐体のディテールは、ほぼプラ板です。ただし、戸閉め灯の円筒側面と時計置き側面は水道管の塩ビ部品から、ランプのレンズ部はバイクの反射板から切り出しています。
 デベソ形状のランプと厚みのあるヒサシが特徴的な119系の戸閉め灯ですが、登場した1983年当時は他車同様、金属のリングが付いた戸閉め灯に薄板のヒサシが付いていました。LED化の工事でこうなったのかな?と想像していますが、それが何年だったのか記録が無いため不明です。路線データの95年当時はどうだったのかわかりませんが、現行形状の方が「119系っぽい」のでこちらを再現しました。

ファイル 57-5.jpg  大まかなパーツは完成し、かなり雰囲気が出てきました。一部ネジ類やツマミなどのディテールは、内側に液晶モニタを仕込んでいる都合そのまま植えることができず、塗装後に頭だけを接着して再現することになります。
 モニタを仕込む制約と言えば、本来はメーターパネルと表示灯パネルの間に段差があるのですが、これも1面で構成する必要があるため再現できません。表示灯パネルは当初左右どちらかにオフセットしようと考えていましたが、戸閉め灯と同じ要領で中央部の2灯を駆動させることが可能ですので、実車通りセンターに持ってきました。ただし、実物同様の窓間隔ではBVE5のウィンドウ右上の残距離表示が窓内に被ってしまうため、少し間隔を広げて作り直す必要がありそうです。

 細部の調整が済めば塗装して仕上げ作業に入れるのですが、灰緑色の調合、塗装作業が面倒なので、他の部品も仕上がってからまとめて塗ってしまおうと思います。

ページ移動

コメント

VVVFインバータ

筐体作成お疲れ様です。
プレイ環境について研究するのもよいかと思いますが、
見てる側としてはそろそろ路線の方がどうなっているか知りたいところでもあります。

失礼かもしれませんが、更新よろしくお願いします。

  • 2011/05/03 03:19:00

BVE飯田保線区

VVVFインバータさん、こんばんは。

 運転台関係の記事は、データ配布だけをお待ちの方にはツマラナイだろうなぁ・・・とは思っていましたが、コリャまた随分とストレートなご意見をいただいてしまいました。
 せっつかれるということは、それだけ期待していただいていると解釈すれば有り難いことなのですが、そのご期待に添えるかは難しい問題です。

 実のところ、路線関係はほとんど進んでいません。4月はほとんど休みを取れないほど忙しく、自分の時間を確保できませんでしたので、途中で作業を中断するとワケが分からなくなるcsvデータの作成は進めにくい状況でした(1日あたりの作業時間が短いと、建物1つ作るにも数日に分けて作業する必要があります)。

 ここで名案! VVVFインバータさんがスポンサーになってくださるのでしたら、仕事を減らしてでも製作時間をたっぷり確保してお作りします。

 というのはチョット意地悪な冗談ですが、運転台関係を含めBVEについては私個人の娯楽でやっていることですので、気の赴くまま、好きなように、細く長くやらせていただきます。
 納期や要望、品質への期待といったプレッシャーに縛られて、好きな作業すら手が付けられなくなる・・・、というのは仕事だけで十分足りていますので、何卒ご理解ください。

 ブログの記事については、一応読み手の存在を考慮して、ちょっとしたアイデアのご提案や、それなりにまとまった進展、または読み物として堪えるネタができたときに書いていますので、あまり微細な進捗は触れていません。変わり映えのしない、似たようなストラクチャの製作状況を日記のように連載しても、読んでいて面白くは無いでしょう。

 どうせ書くならできるだけ多くの方に楽しんでいただけるように・・・と思っていますが、どうしても作者さん向けの記事が多くなってしまうのは否めません。
 万人向けの記事を書くのは非常に難しいので、参考になりそうなところだけ読んでいただき、興味の無いところはテキトーに読み飛ばして下さればと思います。

 というわけで、残念ながら次回も運転台関係の記事になる予定です。

  • URL
  • 2011/05/04 04:42:00

VVVFインバータ

回答ありがとうございます。
そうですね、やらされて作るためにブログをやられている訳ではないですよね。
あまり急がないで、気長に見続けようと思います。

  • 2011/05/08 23:53:00

BVE飯田保線区

ご理解いただき何よりです。

納期とかコスト(この場合=使える時間)に制約があると、どうしても考え方がお仕事っぽくなってしまい、妥協した物しか作れなくなってしまいます。

自分はもとより、できるだけ皆様にも満足していただけるよう作り込みたいので、ホント気長~にお待ちください。作業に煮詰まると余り良い結果にはなりませんので、こちらもアレコレ気分転換しつつ、伸び伸びとした気分で製作させていただきます。

  • URL
  • 2011/05/12 01:04:00

Nicholas

https://www.bottegasveneta.us.com/
数字のみのコメントは

Rodolfo

https://www.superstarstrainers.org.uk/
数字のみのコメントは

Parker

https://www.offwhitenike.us.com/
数字のみのコメントは

Darleen

https://www.mlbjerseyscheap.us.org/
数字のみのコメントは

Anthony

https://www.yeezysboost350v2.us.org/
数字のみのコメントは

Robert

https://www.asics-runningsshoes.us.com/
数字のみのコメントは

Anthony

https://www.filasneakers.us/
数字のみのコメントは

Joseph

https://www.kevin-durantsshoes.us.com/
数字のみのコメントは

Holder

https://www.charmspandora.us.org/
数字のみのコメントは

Parker

https://www.nike-runningshoes.us.org/
数字のみのコメントは

Walker

https://www.nmd-shoes.us/
数字のみのコメントは

William

https://www.outletonlinestore.org.uk/
数字のみのコメントは

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

画像付記事一覧

検索

エントリー検索フォーム
キーワード